Windows 8.1 Update 4月8日に提供開始

Microsoftが「Windows 8.1 Update」を4月8日に提供開始すると発表しました。

これで、将来Windowsでは新型スタートメニューが導入されることになります。

 

日本時間の2014年4月3日、Microsoftは米国サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「Build 2014」の基調講演でWindows 8.1の大型アップデート「Windows 8.1 Update」を4月8日から無償で提供すると発表しました。

 

Windows XPからWindows 7までのインタフェースの利便性を引き継ぐ形となります。

 

Windows 8.1 Updateでは、キーボード+マウスでの操作を改善するために、ユーザーインタフェース面での改良が導入される点が特徴だといえます。

これで、従来型のWindowsの利便性とWindows 8.1の機能性がマッチされ、Windowsユーザーの人気が高まりそうです。

 

Windows 8.1 Update関連の情報はこちら

「Windows 8.1 Update」を早速試してみた

 

「Windows 8.1 Update」速攻レビューを紹介します。

Microsoftは米国で開催中の開発者向けイベント「Build 2014」で、4月8日にWindows 8.1の最新アップデート「Windows 8.1 Update」を無償公開すると発表しました。

 

本田雅一が、一般公開に先駆けて入手したこの「Windows 8.1 Update」を早速試してみた記事が載っています。

 

タッチパネル非搭載PCでの操作がしやすいという「Windows 8.1 Update」ですが、最初に目を引くのが、スタート画面右上に現れた「電源」ボタンと「検索」ボタン。

これは右上コーナーにマウスカーソルを移動させて表示させるチャームから「設定」を選択後に現れる「電源」アイコン、あるいはチャームに現れる「検索」アイコンと同じ機能を持っています。

 

MicrosoftのWindowsパソコンで長年培われてきた「キーボードとマウス」による操作への違和感のない対応が、今回のアップデートにおける主眼となっています。

 

「Windows 8.1 Update」速攻レビューはこちら

著作権はアイティメディア株式会社に属します。
© 2014 ITmedia Inc. All Rights Reserved.
スポンサーリンク

Sponsored Link

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

スポンサーリンク

Sponsored Link