観葉植物の楽しみ方 ゴールドクレスト植え方はこちら

ゴールドクレストという観葉植物をご存知ですか?

ゴールドクレストという観葉植物は、葉っぱを楽しむ観葉植物の一種で、乾燥に強い植物です。

ゴールドクレストという観葉植物は、冬場は、0度以上になると間違えなく枯れますが、ある程度の温度を保てば、非常に育てやすいです。

ゴールドクレストという観葉植物は、それがやがて地面について、増えていくのです。

ゴールドクレストという観葉植物は、とても育てやすいので、部屋にインテリアとしておいてみてはいかがですか?

ゴールドクレストという観葉植物は、葉っぱの色や植物全体の形をたのしんだりと、楽しむ人もおおくなりました。

ゴールドクレストという観葉植物は、室内で気軽にたのしむことができるのも魅力のひとつです。

クリスマスでおなじみのポインセシアや、夏場につるや発破の色を楽しむポトスなどとゴールドクレストという観葉植物は、おなじみです。

でも、ゴールドクレストという観葉植物は、たいたいは熱帯の植物なので寒さには弱く、とくに冬場は暖房などのお世話が必要です。

また、日光を好みので暖かい日の光の入るところなど置き場所にも注意しましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

ゴールドクレスト植え方はこちら

フィトンチッドの効用について、ゴールドクレストの木は、森林のような香りがただよいます。

このゴールドクレストの木は、芳香の原因は、ロシア語でフィトン(檀物)とチッド(殺)の複合語で呼ばれている「フィトンチッド」といわれています。

ゴールドクレストだけではなく、多くの樹木・植物は、外敵より身を守るために、このフィトンチッドを発散するといわれています。

ゴールドクレストの木は、この香りは森林のような香りがするのですが、いろいろな効果があるということです。

ゴールドクレストの木は、自律神経の安定に効果的といわれて、その他に肝機能を改善したり快適な睡眠をうながしたりする効果があります。

ゴールドクレストの木は、森林に行くと心地良い空気がただよっていますが、ゴールドクレストの木をはじめとする植物や樹木等には空気を浄化したり、悪臭を消す働きがあり、消臭作用は特に生活の中にある悪臭には効果があるといわれています。

ゴールドクレストの木は、植物による抗菌・防虫効果は天然物質なので副作用がなく、安全で穏やかに作用していくようです。

ゴールドクレストの木は、室内のカビやダニだけでなく食品への防腐、殺菌などにも効果があるようです。

ゴールドクレストの木は、葉色が大変、美しく明るい黄緑色で、寒くなって霜にあたると、オレンジ色に変化してきます。

ゴールドクレスト植え方は環境が良い場所で

インテリアとしてもエクステリアとしても、ゴールドクレストなどの観葉植物は根強い人気があります。

ゴールドクレストは、見ているだけで心を癒してくれたり、木に含まれるフィトンチッドやマイナスイオンが体にいいといわれているので、室内で育てている人も多いです。

ゴールドクレストが普及している理由としては、育て方というよりも、鑑賞のしかたとしても、水分の補給さえきちんとしていれば、誰でも育てやすいことがあげられます。

誰でも育てられるゴールドクレストですが、できれば、室内よりも室外の方をおすすめします。

近所にも、ゴールドクレストを育てている家がいくつかありますが、近くを通と、目が移ります。

ゴールドクレストというと、樹形が狭円錐形をしているので、その姿や色からクリスマスツリーを思い浮かべます。

クリスマスツリーというと、北欧を思い浮かべますが、ゴールドクレストについて調べてみたら、実際のゴールドクレストは、北アメリカ原産の品種から、イギリスで作り出されたようです。

基本的にゴールドクレストなどは針葉樹に属します。

正式な学名は、「Cupressus macrocarpa “Goldcrest” 」といい、ヒノキ科イトスギ属です。

ゴールドクレスト室内で育てるには

ゴールドクレストの葉は、鱗葉で、その葉をむしって香りをかぐと、サンショウやオレンジとのように、森林にいるのような香りがただよいます。

ゴールドクレスト室内で育てるには、本当に環境が良い場所に置いてあげないと、素人には難かしいかもしれません。

ゴールドクレストを育てるのに適した場所は、直射日光の当たる窓際で、暖房等の乾燥した空気が当たらない場所の方がいいとされています。

室内で育てる場合は、たまに霧吹き等をして、葉の乾燥を防ぐことが大切です。

乾燥した風に当てたりして乾燥させたり、水切れを起こしたりすると、葉っぱがチリチリになって枯れてしまうので、常に乾燥しないようにする注意が必要です。

スポンサーリンク

Sponsored Link

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする