足指トレーニングであきらめていた外反母趾が治った

外反母趾はもう治らないとあきらめていませんか?

「外反母趾=ハイヒール」は大きな間違いだったことが判明した。

本当の原因は筋力低下による「足の退化」ですから、足指トレーニングで改善できるのだ。

普段の歩き方・立ち方を改善し、自宅で手軽にできる足指トレーニングを行うだけで、失われた筋力が回復し、あきらめていた痛みはみるみる消えるという。

古屋達司 (著)の「超簡単足指トレーニングであきらめていた外反母趾が治った!」 には、辛いあきらめていた外反母趾が足指トレーニングで治ったという事例が評判となっている。

スポンサーリンク

Sponsored Link

足指トレーニングから外反母趾の治療

「外反母趾の治療はまず足指トレーニングからはじめましょう。」

そう、唱えているのは30万人近い患者の足を診断し続けてきている、笠原接骨院院長・笠原巌先生。

足、とりわけ外反母趾に関してのオーソリティーである笠原巌先生の推奨する『カサハラ式外反母趾矯正テーピング法』とはいったいどのような外反母趾の治療法なのか?

足指トレーニングはどれくらいの効果があるのか?

など、外反母趾の治療を考えている方が気になる情報を調べてみた。

あなたは、『外反母趾の治療』と聞いて、まず手術での治療を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。

確かに現代の発達した医学の社会に於いて、『お医者様に手術してもらう』方法はイメージしやすく、わかりやすいのかも知れない。

しかし、外反母趾治療の第一人者である笠原巌先生は著書の中で次のように進言しています。

『外反母趾の痛みで悩んでいるのなら、まず何よりも先に、その痛みを取り除くことを考えて欲しいのです。
「外反母趾=ハイヒール」は大きな間違いです。

手術は必ずしも外反母趾の完治という結果に至るものではありません。

ですから手術を受けるかは、まずは足指トレーニング外反母趾の痛みを取り除いてから考えても全く遅くはないのです。

足指トレーニングでの外反母趾矯正のために

外反拇趾とは親指が変形し、小指の方に曲がり、体の中心線から親指が外側に曲がっていることから外反拇趾と呼ぶ。

この外反拇趾は、先天的なものや持病(リウマチや変形性関節症等)もあるが、大半は靴や歩行バランスに原因がある。

この外反拇趾なると、足の一部分に無理なねじれや体重が集中することになり、その結果不安定な歩き方になり、足に痛みを伴う。

さらに膝や腰、肩凝り、頭痛にまで発展することも少なくない。

そのため矯正が必要なのだが、一番手軽でお金がかからない矯正方法として、外反拇趾対策には足指トレーニングが有効なのだ。

外反拇趾に共通する点は、足の指をあまり動かさない生活をしていることがある。

そのためその部分の筋力が衰えることが最も大きな原因であることが分かっている。

従って足の指を動かす運動、足指トレーニングが有効なのである。

そして最近よく外反拇趾を矯正する方法として用いられるのが、テーピングと足指トレーニング。

テーピングや足指トレーニングの方法も様々な方法があるので、最初は専門機関(病院等)で行った方が良い。

症状によっては非常に高い効果がある場合もあるので、一度試してみてはいかがだろう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする