口内炎にはちみつを塗ったら痛いのは当たり前

19

口内炎に蜂蜜塗ったらめちゃくちゃ痛い。

口内炎になったらはちみつを塗るとが効果があるといわれているが、それは全くの間違い。

口内炎に蜂蜜塗ったらめちゃくちゃ痛いです。

そんなもの塗ったらしみて痛くなるのは当たり前です。

口内炎ではちみつを塗るくらいなら、病院で口内炎の塗り薬もらえるので蜂蜜よりも薬を塗った方がよっぽど効果的で治りも早い。

口内炎は原因が非常に多くあるので、きちんと病院に行って看てもらうことが肝心です。
その原因を確かめた上で、適切な治療をした方が安全で完治も早い。

はちみつを塗るなどという民間療法や市販薬での治療は避けるべきだ。

たとえちょとした痛みや軽い症状でも医師の診察を受けられる事をお薦めします。

口内炎の原因としては細菌感染

ちなみに口内炎の原因としては細菌感染、ウィルス感染、アレルギー、ストレスや疲れによる免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足(特にビタミンB2)などが考えられている。

重い全身病の症状の表れだといわれている。
なので、規則正しく無理のない生活を送ることと、ビタミン類の豊富な食生活を送ることが、大切。

はちみつや塩を塗ったら痛くなるのは当たり前なので、よりも、ビタミン剤やビタミンB2の多いレバー、うなぎ、納豆、イクラ等のほうが効果があるといわれている。

症状が軽ければ、薬局などでオーラルファイン(トローチ)をネット購入し、舐めていれば直ることもある。

口内炎は病院に行って適切な処方を

市販の塗り薬・飲み薬に頼るのもいいですが、私が劇的な効果を経験したのは、口腔外科で出してもらった薬だった。

口腔外科で出してもらった薬であれば、そんな痛い思いする必要は無い。
オーラルファインを一度試したら、それで解決という感想です。

あまりひどくなく、普通にごはんが食べられるなら口内炎ができてない方で噛んで、チョコラBBとかビタミン剤を飲むといい。
何日かすると治まるはずですが、ごはん食べるのも痛かったら早めに病院に行って適切な処方をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

Sponsored Link

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

フォローする

スポンサーリンク

Sponsored Link